公認会計士大里事務所のロゴマーク
サイトマップ E-Mail
電話番号044-544-6357

メニューイメージ上
トップページ
支援業務
総務・会計業務
ご相談窓口
法人料金
所得税料金
相続・贈与税料金
事務所ご案内
リンク集
お気軽にお問い合せ下さい
メールはこちらへ
メニューイメージ下


下記に示す料金は画一的にきめたもので、依頼者の個別事情を考慮していません。
たとえば、法人料金のケースでは年商・所得・業種・従事者数などを参考にして顧問料などを決める必要がありますが、これらを含めて顧問料などを決めると大変複雑になります。そこで一応の目安として、参考までに掲げました。お話しをして双方納得の上安価な料金を決めたいと思っておりますので、所長大里まで遠慮なくお申し付けください。
E-Mail keizo@oosato.jp
T E L 044-544-6357/FAX 044-544-8493


1. 顧問料・記帳代行・決算料

仕訳数 顧問料 記帳代行 月額計 決算料
会社設立2年以内 10,500円 10,500円 21,000円 84,000円
月100以下 21,000円 10,500円 31,500円 126,000円
月150以下 26,250円 15,750円 42,000円 168,000円
月200以下 31,500円 21,000円 52,500円 210,000円
月250以下 36,750円 26,250円 63,000円 252,000円
月300以下 42,000円 31,500円 73,500円 294,000円
 月301以上相談に応じます。
仕訳数は月によって変動しますが年を通して平均します。
顧問料は税務相談・月次試算表による公認会計士大里慶三事務所独自の利益管理図表による損益分岐点の計算・資金繰り相談・経営相談・訪問を含みます。
記帳代行は現金出納帳・当座預金元帳・普通預金元帳・会計伝票からの総勘定元帳の作成と月次試算表の作成までです。
決算料は財務諸表の作成・申告書の作成・キャッシュ・フロー計算書の作成・5期間の業績比較(主要項目)などです。
記帳代行を法人で行う場合は、顧問料の相談は話し合いにより決めさせてください。 
このほかに、年間の取引額に応じて下記の消費税申告書作成費用がかかります。

2. 消費税
年間取引額 申告書作成費用
5,000万円まで 42,000円
1億円まで 63,000円
3億円まで 84,000円
3億円超相談に応じます。  

3. 決算料のみ
年間取引額 決算料 消費税申告書作成
5,000万円まで 126,000円 42,000円
1億円まで 189,000円 63,000円
3億円まで 252,000円 84,000円
3億円超相談に応じます。  
自計化により決算のみのチェックをご希望される場合の料金ですが、税務申告・決算書の作成・消費税申告書作成の段階で経営に役立つアドバイスを行います。

4. 伝票などの整理
領収書・請求書・会計伝票などの資料整理は月次決算を励行するために重要な準備作業です。
当事務所では、月1回AM10時〜PM4時までの作業で1日12,600円を申し受けます。遠距離は交通費を別途ご負担願います。

5. 年末調整・法定調書など
年末調整は10人までは2万円、11人目から1人当たり2,000円となります(給与支払報告書の作成を含む)。
法定調書は1枚当たり2,000円です。
償却資産税の申告書は20,000円です。

6. 社会保険関係・給与計算
雇用保険の資格取得・喪失ならびに社会保険(厚生年金・健康保険)資格取得・喪失・その他届出などは、当事務所専属の社会保険労務士に委ねます。
給与計算は、残業手当の計算など毎月1人当たり1,575円の報酬で請け負います(年末調整は別計算)。

7. 新会社法対応
新会社法の施行は、平成18年5月頃が目途になると思いますが、これからは有限会社は株式会社に組織変更するメリット・デメリットをケースバイケースで相談に応じます。
これから起業する会社の(新設法人)留意事項は法人税法の改正により外部株主を募った方が節税対策となりますが、反面株主対策を必要となります。税金をメインに考えるか・経営安泰を考えるか経営者として重要な問題です。当事務所では、社長と共に問題点の解決に話し合いの場を持ちます。

Copyright Oosato CPA Office All Rights Reserved.